アパレルのECサイトを作るならカスタム機能が必須

アパレルのECサイトを自社で持つなら、形・色をオーダーメイドできるカスタム機能が必須です。

Amazon・楽天市場などのECモールへ出店する場合にかかる販売手数料が不要になる一方、新たなマーケティングが求められるためです。大手モールにはできない方法で、世界に1つのオーダーメイド商品をお客様自身の手でカスタムしてもらい、差別化を図りましょう。

アパレルのECサイトを作るならカスタム機能が必須

量産品はモールに任せる

大手ECモールで買えないものは何もない、と言っても言い過ぎではないでしょう。アパレルも然りで、自分に合ったファッションアイテムを手軽に入手できます。

ありきたりでどこでも買える量産品をモールへ出品すると、価格競争の波に揉まれて疲弊しがちです。真っ赤に染まったマーケットから離脱して本当にやりたかったものづくりと接客を実現するには、モールにできない、オーダーメイド商品のカスタム販売へ着手すべきです。

オーダーメイド商品のカスタム販売

シャツの「カフスはラウンドで、ボタンは緑色に」といった、パーツごとに形・色をオーダーメイドしたいニーズは根強くあります。ファション性の強いアパレル商品ならなおさらです。例えばAmazonではこのようなオーダーへどのように対応しているでしょうか。

アパレルのうちネクタイのAmazon画面

小さなサムネイルがたくさん並んでいて、それぞれにマウスオーバーするとメイン画像が切り替わります。同じ商品でもカラー展開できるようになっているのです(出典:Amazon)。楽天市場ではどうでしょうか。

アパレルのシャツの楽天市場画面

ピンクの表から、サイズと色系統の組み合わせを選択することができます。それぞれで在庫数が表示されています(出典:楽天市場)。上記の例以外でも、バリエーションを選択できる機能は多くのアパレル商品ページで確認できました。それらには、以下のような問題点があります。

  • Amazonでは商品の完成された組み合わせを1バリエーションとして切り替えるだけ:パーツごとに任意の形・色を選択してオリジナルの組み合わせを作ることができるわけではない。ネクタイの場合では生地色・ストライプ色・長さ・織り方・太さなどまではカスタムできない
  • 楽天市場ではサイズと色系統の2軸からカスタムできるが各組合わせの画像をすぐに確認できない:画面構成の制約から、購入しようとするものがどの写真なのかを、画面スクロールしないと確認しにくい

総じて、パーツごとの組み合わせ結果が可視化されずに届く商品を想像しにくいことが課題です。決まりきったデザインのネクタイならば良いのですが、カスタム性の高いYシャツや上下セットアップを考えた場合、大手ECモールのバリエーション機能では現状、役不足に感じます。

自社でアパレルのカスタムECを

自社でアパレルのカスタムECを

モールへ出店してせっかく受注に至っても、「カフスはストレートになりませんか」「スカートは長くなりませんか」などの要望へ1つ1つ応えているメーカーは少なくないはずです。システムが対応していないのでしょうがないですが、そのせいで失注してしまっている見込み顧客も中にはいるはずです。

モールが担っていた集客については別途考える必要がありますが、「多少高価でも世界に1つ自分だけのオリジナルアパレル商品が欲しい」というお客様のために、ボタン1個の形・縫い糸の色から自由にカスタムできる自社のECサイトを準備しておきましょう。

アパレルのECサイトを作る・運営する際、オーダーメイド商品をカスタムする機能はぜひ検討しておきたいポイントです。