革製品のECサイトを作るならカスタム機能が必須

コロナの影響が猛威を振るうなか、非対面型ビジネスモデルへの転換が求められています。飲食店はデリバリー・医療機関はオンライン診断といった形で変化を進めているなか、小売店にとってはEC化という手段があります。

その中でも革製品の小売店は、対面での細かな仕様調整を伴うオーダーメイドを付加価値として提供してきたことから、一般的なECシステムではそのサービスを十分に実現できない恐れがあります。

そこで、オンラインでカスタムできる機能、いわゆるカスタムオーダーECを検討する必要があります。

革製品のECサイトを作るならカスタム機能が必須

これまでの対面型オーダーメイド

「ここの革はクロコダイルに」「ここは黒に」「やっぱりラウンド型に」こういったやりとりが、オフラインの対面型接客では可能でした。

事業者にとっては、販売員をあてて、時間をかけても、お客様にとって分かりやすいオーダーメイドサービスを提供することができていました。

一般的なECシステムの課題

顔を突き合わせて話し合う仕様調整は、しばらくは控える必要がでてきました。小売店にとってのコロナ対策は、オンライン販売、いわゆるEC化が候補として考えられます。

しかし一般的なECシステムは、特にオーダーメイド革製品の小売店のような、細かい仕様調整を必要とするサービスにとっては、課題が多いです。

一般的なECシステムの課題

例えば以下のようなものがあります。

  • カスタムした結果が可視化されない
  • 複雑なカスタム仕様に対応できない
  • カスタムに応じて価格が変わらない
  • UIがスッキリしていない
  • スマホに対応していない
  • 画像にリアル感が無い
  • 動作が遅い

これからの非対面型オーダーメイド

それぞれの課題を解消して、革製品のオーダーメイド商品をオンラインでも、対面での丁寧な仕様調整に匹敵するクオリティで提供する必要があります。

例えばカスタムオーダーEC専門のGB Customなら、以下のようにして対応することができます。

  • カスタムを可視化:カスタムした最終形をその場でリアルタイムに確認できるからユーザーが離脱しにくい
  • 複雑なカスタムに対応:椅子の背もたれを変えたら脚も同時に変わる・背もたれを木製にしたら脚も木製にする、などに対応
  • カスタムに応じて価格を変えられる:商品のカスタム内容に応じて価格を変更することができます
  • UIがスッキリしている:ユーザーのクリック数・スクロール距離・画面遷移を最小限にする、直感的なUIを実現
  • スマホ対応:あらゆるデバイスでスマートに表示
  • 画像にリアル感がある:実物を撮影した高品質写真や3Dモデルを活用
  • 動作が速い:ボタンを押したらすぐにパーツが切り替わる

 

革製品のECサイトを作るならカスタム機能が必須

量産品をただ販売するだけなら一般的なECシステムで事足ります。もともと集客ができているなら自社ショップ、出店料や販売手数料を負担できるなら大手モールが、選択肢として検討できます。

ただ、オフラインで実施していた細かな仕様調整を伴うオーダーメイド商品を販売する場合は、専用のカスタムオーダーECの仕組みを検討するほうが、顧客の離脱を最小限に抑え、満足度を最大限に引き上げることができるかもしれません。

革製品のECサイトを作るなら、カスタムオーダーECの機能をもったシステムを検討することが必須だと言えるのではないでしょうか。