家具のカスタムオーダーECでGB Customを活用した想定事例

商品の形や色を見たままカスタムできるシステム「GB Custom」は、幅広い製品へマッチします。今回は、仮の家具メーカーA社に向けたソファの事例を想定でお伝えします。

家具のカスタムオーダーECでGB Customを活用した想定事例

カスタム画面はこのようになり、カスタムできるパーツは例えば以下のとおりです。

  • 脚部:地面につく部分
  • 座部:人が座る部分
  • クッション:色バランスを見るための付属

GB Customは、パーツごとに複数の変化単位をもたせることができます。今回はパーツ「座部」に、素材と色という2単位をもたせました。座部を牛革にするのか合皮にするのかを選べて、その後、色を選ぶといった階層のあるカスタムに対応できます。

脚部を青に

脚部を青に

脚部のアイコンを押すと、その色の選択肢が出てきます。青のカラーチップを押せば、脚部がその色に変わります。

色などの選択肢は、パーツや変化単位ごとで任意に設定することができます。このパーツでは10色であのパーツでは8色、といった商品仕様にも対応します。

座部を赤に

座部を赤に

パーツごとに分かれていれば、それぞれでカスタムできます。

座部は脚部と違って革の種類を選ぶことができるといった商品仕様もスマートに表現できます。座部の革を「牛革」「合皮」から選んだのち、それぞれの色の選択肢を選ぶような流れが実現されます。

カスタムオーダーECならGB Custom

GB Customは、商品の視点を変えることにも対応します。ソファを横・後から見た見え方も確認して、お客様の不安を払拭します。スマホでもスマートに表示され、ストレスなくカスタムが可能です。また、Twitter・Facebook共有機能を使えば、お客様がその友人へ、カスタムした状態の画像とURLをシェアできます。

GB Customは、ソファに限らず、椅子・机など、あるいはそれらのセット商品など、家具のオーダーメイド販売へ、自在にご活用いただけます。